歯茎の悩み


ドキュメント履歴: 2013-6-26 初回アップ

内容



  1. 歯茎の炎症: 遺伝
  2. 明治生まれの私の両親は、人生の半分以上歯磨き習慣など無かったと思われるが 50歳になる前に既に 歯はほとんどなかったと思う。私は、母が 40歳の高齢で生まれた子供で、私が物心ついた頃にはすでに 母は歯が痛い、抜けると悩んでいた。子供心に、そんな母が悲しかったという記憶がある。
    幸いにして私の世代では、子供の頃から歯磨きの大切さを教えられ、毎朝顔を洗うときに、暫くすると寝る前のほうが大切ということで朝と夜は歯を磨くようになった。しかし、両親共に 40代で歯が無かったというのは単に歯磨き習慣の話だけではなく、遺伝的にも歯は弱かったと見えて、私も 30代の頃から歯や歯茎の悩みには付きまとわれた。遺伝的に歯並びも悪いから、間にものが詰まりやすい。詰まると「奥歯に物が挟まった」状態になり気になって仕方ない。だから 30歳を過ぎて当時の職場が新しい建物に移動して洗面所が広くなった時に、昼食後含めて 毎食後歯磨きを欠かしたことはない。出かけるときにも歯ブラシは必携で、食後は磨けるところを見つけては磨くようにしている。最近は、たまに乗る特急電車の洗面所に落ち着いて歯磨きできるスペースくらい欲しいと思うことも。
    しかし、そんなつましい努力の甲斐も空しく 歳とともに歯科検診では歯茎の状態が深刻になっていると注意され、50歳くらいからは歯磨き時の出血も頻繁になってきた。そうなってもしかし、若かりし頃は歯磨きしなかったであろう両親のこともあり、私は 3度の歯磨きをしているしまだ歯が一本も抜けていないんだからと思いつつ、これ以上仕方ないんだろうとも思っていた。

  3. 結論: 歯磨き方法
  4. そんな中で2~3年前、大して痛くもないのに洗面ボールが真っ赤くなるほどに出血したことがあり、事態の深刻さに気づいた。丁度その時、TV CMで「歯周ポケット」という話が図解入りで流れた。自分でその図を参考に出血している奥歯の歯茎部分を触ると、TVの図の通り 歯肉の先端がダランと垂れ下がり、歯との間に見事な「ポケット」が出来ているではないか!  しかも歯並びの悪い凸凹部分はハンパではなくサンプル写真を取っておきたいくらいの<ポケット>だ!
    これを見て一瞬で納得した。私は、歯科検診で何度も歯科衛生士のお姉さんから歯磨き方法を横方向のバス法にするように指導を受けたものの、すぐに元の縦方向のローリング法に戻ってしまっていた。小さい頃は逆にスクラッピング法のような磨き方だったと思うが、いつの頃か歯の間を綺麗に磨くには 毛先が歯の間に入りやすいローリング法の方がいいと習った記憶があり、ずっとそれを守ってきた。理屈で説得されないと納得しない性格が災いしてしまった。
    しかし、あの TV CFの図は一目瞭然、説得力があった。加えて自分の歯茎でその状態を見ると、ローリング法では全く「ポケット」にブラシの毛先や高価な歯磨きクリームも届かないことは納得できる。しかも出血するのはいつも若干の殺菌力がある唾液が回らない上の歯肉だったから、如何に歯周ポケットが「病巣」かを思い知った。毎食後歯磨きをしているのにこんなに出血する理由が氷解した瞬間だった。あの TV CFは人生で一番役に立った CFだったと言える。
    早速、歯ブラシの往復動を歯並び方向に変えて、ポケットの出来ているところはゴム製歯間ブラシの先の尖った部分で出血にもメゲず?追加で歯磨きクリームを塗り込むようにした。モチロン隙間があるところは普通に歯間ブラシも使った。
    これで、1週間もすると 出血はほとんどしなくなった。以前と比べればかなりの改善ではあるが、しかし、完全ではなくまだ 1週間に一度くらい、少量の出血はしていた。
    歯磨き方法の詳細はここなどを参考に。

  5. 追加: ナイトケアで口臭予防
  6. もう一つ数年前から気になりはじめたのは、朝起きた時の口内のネバつき。こちらは歯磨き方法を改めてもそれほど改善した気はしない。ドラッグストアーのデンタル用品売り場を眺めると、「翌朝の口のネバつきを抑える、薬用、ナイトケア」等というピッタリの謳い文句のすすぎ液があった。私の感覚では、価格 1,000円近くはちょっと高すぎる気はするが、「○○れっ子 世にハバカる」が正しければまだ 20年近くお世話になりたい自分の歯。高くても仕方なしに買ってきた。で、寝る前にこれでブクブクすると確かに翌朝の口のネバつきはスッキリ良くなる。
    で、数日間使ってみてケチな私は思った。何十ccも口に含んでブクブクしたってポケットの間にはほとんど入り込まないだろうし、口の中、とりわけ歯の間にこの液が行き渡ってそれで歯肉やポケットがマッサージされたほうがもっといいはずだ。・・・・で、夜寝る前の普通の歯磨きが終わった後、この液を 1ccほど容器にとって、それを歯ブラシの先端に含ませて同じように軽く歯磨きをしてみた。気になるところを 10秒くらいずつ。歯間ブラシも同じように使って歯間もマッサージして。
    こうすると、翌朝の効果は同じ上に、何と 少し残っていた出血も、それ以来全くしなくなった。高いリンス液だが、1日 1ccなら 1年使っても終わらない計算だから、全く問題ないし、一挙両得とはこのこと。(その後、使用量は更に減らして 今は 0.5ccくらいしか使ってない。○ンスターさん 許して!)
    更に、このリンス液の歯磨きを取り入れた時から、自分でも分かるくらい口臭は全くしなくなった。それまでは、口臭が強い方とは思わなかったが、(汚い話で恐縮だが)寝ていてヨダレが出ているのだろうか? 枕カバーにしているバスタオルが臭うことがあった。しかし、最近は その臭いは全くしないという副産物に気づいた。(あくまで匂いに鈍感な私の感想です。効果は個人の感想で、保証するものではありません!)
    どうも、この下に書いた知人情報などと合わせて推論すると、口腔内の真菌(カンジダ菌?)などが抑えられているのではないかと思う。

  7. その他: 知人情報
  8. ほぼ同時期に、同世代の知人が 歯槽膿漏で悩んでいた。彼の話では、歯がぐらつき始めたので、覚悟してインプラントの相談に行ったらしい。しかし 全部で 200万円くらいの見積もりを見て心変わりしたという。で、彼もインターネットは得意なので、Web情報を漁ったら 茅ヶ崎かどこかの歯医者さんの情報に行き着いたらしい。藁にすがる思いでその歯医者に行くと、傾きかけた歯科医院で胡散臭そうな 年寄りの歯医者が出てきて、「歯槽膿漏は口腔内の真菌(カンジダ菌)が原因だから、それを殺菌しないと原因除去にはならない」と「ファンギゾンシロップ」というクスリを出してくれたらしい。病院の作りもあって半信半疑だったが、それで歯磨きしたら 3日で歯茎の腫れが納まり、何と 1週間ほどで歯のぐらつきも治ってきたという。200万円が 初診料込みで 2,000円以下で治ったと大喜びして話してくれた。
    Webで検索すると、このクスリで 歯槽膿漏や口内炎が治ったという情報は多い。しかし、その友人の話では、どうもこのクスリは口腔内や食道の炎症対策で消化器系の病院で飲み薬として処方することはあっても、歯磨き用として処方してくれる歯医者さんは多くはないらしい。知人曰く「こんなに効くクスリが広まったら、これから高齢者が増えて商売繁盛が見込めるのに、歯医者は商売上がったりになるから、医は金術の医者は処方しないんだろうな?」という事らしい。案外当たっているかもしれない。
    私はこのクスリは試していないので何とも言えないが、自分の体験では 上記のナイトケア用リンス液での歯磨きはほぼ同等の効果があるのではと思っている。

  9. 蛇足: 足ツボ刺激
  10. 実は、上記の 歯磨き方法変更や、ナイトケア用リンス液での歯磨きと並行して、自作のゴム製足踏み器を改良した。歯茎などのツボは 足親指の付け根のクビ部分らしいので、そこが強く刺激できるような形状にしてみた。実際これを踏み出してから、時々感じていた「歯の浮いた感じ」は全くなくなった。但し、上記の歯磨き方法の変更などと相前後しているので、どれがどの程度効いているのかは不明だ。でも、どれも少しずつでも効いていることは確かで、今現在はともかくどれか1つなら 70歳までもつ自分の歯が、全て併用することで 75歳、もしかしたら 80歳・・・・もっと<○○れっ子>になるよう精進すればそれ以上も? 持ちこたえることは十分あり得ると信じて続けている。

    しかし、ここまでリクツが通って <人体実験>の効果が歴然と出ることは珍しいと思うが、だから嬉しくて止められなくなる。
    参考までに、今私が使っている歯磨きクリームは 300円くらいの、一応歯周病対応品だが、これを使うのは夜だけだから 1回買えば半年以上使える。朝と昼は 100円ちょっとの最安値のもの。歯ブラシは ホームセンターで 1本 50円くらいの安いのを2~3週間で交換している。プラス、上記のように ナイトケア用リンス液とゴム製歯間ブラシ(10本セット)。それに最近は奥歯の隙間用に L字型の歯間ブラシ(10本セット)が加わったが、どれも、1回買えば 1年はもつ!!!


デンタル商品  by 楽 天

オムロン 電動歯ブラシ ホワイト HT-B307-W

新品価格
¥2,580から
(2017/2/7 13:54時点)


Access Counter:  総アクセス数