How to change HDD2総アクセス数


   
  1. バックアップをとる Part1:  バックアップ用ソフト
   
   既存のPCの HDDを載せかえる場合に、今まで使用してきた環境を
   そのまま、新しい HDDに引き継ぐ場合と、どうせだから 長年使用してきた
   垢を削ぎ落として、新しくO/S(Windows)をインストールし直す場合と
   二通りが考えられます。
   新しく O/Sをインストールしなおす選択肢も、「垢」を落として
   まっさらな状態に戻せるという誘惑から、捨てがたい魅力があります。
   しかし、「垢」は いろいろあって、慣れ親しんだアプリケーションの
   設定など、全部を同じように再現する事はほぼ不可能です。
   また、アプリの再インストールから そうした設定をし直す事を考えると
   2-3日かけて完全な状態に戻すくらいの覚悟がないと出来ません。
   最悪、インターネットプロバイダや オンラインソフトなどの
   ID や パスワードを忘れてしまうと、問合せしなければならなかったり
   最悪使えなくなるなどの 問題もあります。
   絶対に大丈夫、と思ってやっても 大概 一つか二つ忘れているパスワードが
   あって、あとから慌てる羽目になります。
   (フリーソフトでパスワードを見えるように出来る便利ソフトもありますが)
   それらも、最悪 HDDをそのまま残したり、バックアップを残してあれば
   (工数は別にして)何とか救済は可能です。
   
   さて、本論のバックアップ方法です。
   ここでは、 PowerQuest 社の Drive Image というソフトと、
   (株)アーク情報システム社の HD革命 BackUp3というソフトをご紹介します。
   夫々の特徴は、それぞれの会社のHPで見ていただくとして、私が
   選んだ理由は以下の通りです。
   
>>> Drive Image
  ○実績による信頼性
    (今まで一度も裏切られた事がない。問題は、コメントが付けられるのに
      それをしないで、どういう状態でバックアップを取ったのか忘れてしまった
      バックアップファイルが一杯溜まってしまうという私の性格!)
  ● しかし、実行ファイルは DOS上で実行されるため、外部ストレージ
   (MOやHDD)を利用する場合は、DOSの起動ディスクを作って
    ドライバをインストールしないといけません。
    これが結構面倒くさく、普通の人にはほとんど不可能な作業です。
  ○ バックアップスピード
   
>>> HD革命
  ○ Windows環境で、生きたまま(?)バックアップが取れる事。
     これは、上記 Drive Image は DOS上で実行されるソフトであるため
     HDDの容量が十分残っている場合は問題ないのですが、多くの場合
     HDD が狭くなって載せかえるわけですから、これは現実的ではありません。
     それでも、最初に データファイルなど、O/Sの起動には関係ないファイルを
     まず移動してドライブの空き容量を増やしてから、そこにバックアップイメージを
     作ることで、何とかなります。
     しかし、場合によって 元のHDDをそのままの状態で残したいと言ったような
     我侭な要求がある場合があります。
     万が一のことを考えると、その方が安全である事は否めません。
     そうした場合、MOや SCSI HDDなどの外付けドライブにバックアップを
     取ろうとすると、PCMCIA カードのDOS用ドライバ(カードサービスとか
     イネーブラ等 頭が痛くなるようなファイル)をインストールした起動環境を
     作らないとDOSでは外付けドライブが使えません。
     でも、Windowsが生きていれば、PnP で簡単にこうした外付けドライブが
     使えてしまいますから、とても便利です。
     今回、HDDのバックアップに愛用している PCI社の IDE-USB変換ボックス
     を使用して、新しいHDDの 拡張領域にバックアップファイルを作るため
     こちらのソフトを始めて使用してみました。
  ● スピードは、2GB(使用容量 約1GB)のバックアップイメージファイル
     を作るのに 約 1時間と少しかかりました。
     (恐らく、IDEや SCSI 接続のHDDにイメージファイルを作るのであれば、
     この半分以下になると思われますが、今回 USB接続の外部HDDでしたから
     時間がかかって大変です。
     次回は、SCSIカード接続の HDDにしてみます。)

      バックアップをとる Part2:  バックアップ方法