エアコン用リモコンの修理


今年の夏は冷夏でしたが、9月になって遅れた暑さがやって来ました。

remocon1.jpg
ところが我が家のエアコンは夏の初め頃から調子が いまいちです。 ボタンを押すと、液晶表示がスーッと薄くなったり、いくらボタンを押しても エアコンの動作が切り換らなかったり、だだっ子のように言うことを聞きません。 しかも、症状はだんだん悪くなるようです。 電池が寿命かと思って、交換しても一向に改善しません。どうも故障のようです。 電池の交換で、症状が少し変わるように思えますので、もしかすると電池接点の 接触不良かもしれません。
 こうなると俄然、ムラムラと私の「修理したい病」が出てきます。 裏面からビス2本を外すと、カバーが外れました。 良く見ると電池を挟む ステンレス線のバネの電池切片の+極のハンダ付けが、「イモ」になっており わずかですが、ハンダの中で接点が動いています。想像通りです。
 ここにハンダゴテを当てて、ハンダを溶かして再接続しました。 簡単な修理でしたが、これで何日も悩んだ不具合がサッパリと直りました。 こんな簡単な故障でも、メーカに出すと何日かかかって、もしかしたら 新品交換で(修理費用は兎も角)ゴミが増えることになるのです。
remocon2.jpg




エンジニアの独り言>>>シミュレーションが・・・

NAME.gif Ftop button.gif 総アクセス数