自作マニアの道具/物欲記 − 5
4. 横道 その1: <卓上ボール盤用作業台>
 実際に購入したのはここに引っ越ししてきてすぐの事ですが、棚の制作などをする時に必要だったんで購入した 1,280円くらいの作業台があります。この作業台は、近くのD2のチラシを見て買いに行った記憶があります。
この作業台は、ノコギリの切断作業や、穴あけ、かんな掛けなどの作業に非常に便利です。天板が自然木の無垢だと言うことありませんが、ま 値段が値段ですから仕方ありません。雨などに当たると多分天板が剥げてきたりしそうで、使わないときはベランダではビニールを巻いて置いてあります。
で、今回の話は この作業台に若干追加工して、<物欲:その2>で紹介した卓上ボール盤で、板材の端面への穴あけに挑戦しました。
例えば、右図のように板材同士をネジ止めしようとする場合の下穴開けで、端面に垂直に穴あけをしようとするとなかなか大変です。穴明けする板の形状が長方形ではなく、図の下の板のように角度を持っていたりすると、治具なしにはほとんど不可能です。以前は電動ドリルで何とか開けていましたが精度や角度がいまいちで、ボール盤を買ったこともありもう少し精度のいい穴開けができるように工夫しました。
まず、作業台の端にホームセンターで買ってきた棚用の部品のL型金具をネジ止めします。そのL型金具ともう一つフリーなL型金具の間に穴あけする板材を挟み、100円ショップで買ってきたクランパーで固定します。こうしておいて、ボール盤の台とドリル部分を180度回転して、ボール盤の台部分も別のクランパーで作業台に仮固定します。



板材の角度を確認し穴開け位置にマーキングしてから、ドリルの歯の位置を合わせてボール盤の台の方のクランパーも固定します。・・・・で、スイッチを入れてドリルの歯を下げれば簡単に垂直の穴あけができます。
成果はこの通りです。

前ページへ   次ページへ総アクセス数