パソコン   M/B  &  CPU 載せ換え記「その5」
HDBench.jpg
    先週までの悪戦苦闘が実って、やっとまともに立ち上がるようになりました。
   今週は、P2L97(Pentium-U 266MHz) 機の環境を、再現させるべく奮闘です。
    まず最初に、ベンチマークを実行して、M/B を交換したご利益を実感しました。
   早速、フリーウェアの HDbenchを実行しました・・・? が、CPU 性能やら
   メモリ転送速度はさすが、900MHz/200MHz DDRメモリ といった値になって
   います。

      ALL     Integer   Float   MemoryR  MemoryW  MemoryRW  DirectDraw
     11756    34104     44559    17404    24158    27437          72

    Rectangle   Text    Ellipse  BitBlt    Read   Write    Copy  Drive
      26592     24134    4458     287      2394    2471    2261  C:\20MB

    でも、HDD への書き込み・読み出しスピードが全く未達です。
   P2L97 の時にとったベンチマークは、ドサクサで見つかりませんが、
   TOSHIBA PORTEGE 7020 (Pentium-V 366MHz)の値と比べても、全く未達です。

                     PORTEGE 7020 (Pentium-V 366MHz)
    ALL    Integer  Float   MemoryR  MemoryW  MemoryRW   DirectDraw
   10106    14703   15456     7982    7826     9104           5

  Rectangle   Text   Ellipse   BitBlt    Read    Write    Copy
     3391     4715    1295      12       15036   13455   11780

    まずは、Primary 側に CD ROM ドライブが接続されていたのを
   外しました。  何とかHDD アクセスの値が倍になりましたが、
   まだまだです。
    次は、DMA がきちんと働いているかどうかのチェックです。
   まず、電源立ち上がり後の BIOS設定画面で 
画面から > Primary Master [Auto] でリターンキーを押すと、 Primary Master の設定値が表示されます。 Type [Auto] Cylinders [ 1024] Head [255] Sector [63] CHS Capacity 8422MB Maximum LBA Capacity 30738MB Multi-Sector Transfers [Maximum] SMART Monitoring [Disabled] PIO Mode [4] ULTRA DMA Mode [5] と UDMA 5 モードが設定されていることが分かります。 ポイントは、その右側の窓に表示されているメッセージの WARNING; Ultra DMA mode 3/4/5 can be enabled only when BIOS detects shielded 80-pin cable. ですが、これも M/B付属のケーブルを使用していますから問題なく 上記の UDMA 5 モードになっています。 次は、Windows Me (または、98 など)のO/S で、ドライバの設定が適切か どうかをチェックします。 <マイコンピュータ> <コントロールパネル> <システム> で システムのプロパティ のウィンドウの <デバイスマネージャ> タブで <ディスクドライブ>のツリーで、 と表示されている デバイスマネージャの プロパティの <設定> タブ を開きました。 なな、何と DMA のチェックボックス にチェックが 入っていません。 普通は、デバイスドライバをインストールしていけば、DMA のチェックボックスは チェックされるはずですが、 A7M266 のドライバーは違うんですね。 ここをチェックして、再び HDBench を実行。 めでたく、それなりに HDD 性能の値が当初の10倍程度の 2万5千 前後になりました。 これでやっとチューニングは一段落です。 次は、もともとのHDDのディスクイメージを、新しい ATA-100のHDDにコピーで移して それにM/B上のチップセットやら 新しく導入したPCIボードのドライバを 追加でインストールしましたが、ここはやはり P2L97 のドライバーが 入っていたのでは気分が良くありません。 折角M/Bを更新したんですから、O/S もクリーンインストールするしかありません。 ということで、Windows Me を、一からインストールしました。 本当に お疲れさん!・・・・・・・ 次は、パワーアップ編
Previous Page       Retourn to TOP総アクセス数